SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ツギクルブックス『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』1巻感想
  • 電撃文庫『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』1巻感想
  • GA文庫『ゴブリンスレイヤー』6巻感想
  • ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12巻感想


アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」7話感想

◇各話タイトル◇

第7話「されど、その部屋は終わらぬ日常を演じ続ける。」

◇各話あらすじ◇

合同クリスマスイベントをともに催す相手校の生徒会は「意識高い」生徒たち。フラッシュアイディア飛び交うブレストでシナジーを意識したグランドデザインに口々に「それ、アグリーだね!」などと言うばかり。その実、具体的なことは一切決められないまま、イベントの日は迫る。さすがの八幡も追い詰められる。一方、いろはとふたり、この難題に取り組むうちに互いに微妙な絆も生まれてきたような…?
(アニメ公式サイトより)

◇感想◇

 頼りきり上司ないろはと有能過ぎる部下な八幡。

 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第7話感想!

 先週から待ち焦がれ、やっと訪れた第7話。
 面白い時間って直ぐに過ぎてしまいますよね……。30分は短すぎます?。

 7話は繋ぎの回という印象。色々と重いお話が続いておりますので、管理人のお腹が軋み続けているのです。いろはの肩を落とした姿など見たくはありませんでした。

 ■有能過ぎる平社員、比企谷八幡社畜になる■

 先週から引き続き、お仕事できる風の八幡がいいですね。有能主人公を見ていると心が満たされるのは、自己投影しちゃってるからかしら? いや、どちらかといえば感情移入かな?

 指示出しする八幡とか、これまでに見られなかった一面です。今までは、雪乃という優秀なまとめ役がいたので、八幡自身が動く必要はありませんでした。そのせいか、表だって能力が高そうに見えない八幡ですが、7話のように「自分がやるしかない」という状況になって初めてその実力を遺憾なく発揮しています。

 つまるところ、追い詰められないとやらない駄目な子ということでしょう。しかも、上手くいっていない現状。これも全てブレスト大好き玉縄生徒会長のせいですねっ! ぐぬぬっ!!


 八幡本人も口にしていましたが、ただの助っ人の八幡が、生徒会長であるいろはを差し置いて指示出しするのは組織としてはやばいですよね。これが生徒会ではなく会社だったらもっとやばいレベル。部下を信頼して全てを任せるスタイル。なにそれ上司の鏡っぽい!


 ■八幡「年下は大好きだ!(キリッ)いろは「先輩……(キュンッ)」■

 管理人の脳内補正はこんな感じです。
 思いの外、いろはの頬が赤くなり、意識した間があったのがやばかったです。どうして、女の子が意識した瞬間って、観ている側もときめいちゃうんでしょうかね? 自己投影しちゃ(ry


 生徒会長選挙のこともあり、雪乃と結衣、二人と関わることが少なくなったせいか、どうしてもいろはすがピックアップされがちです。けど、可愛いからいいのです。可愛いは正義!

 「せんぱ?い」と甘い声で八幡を頼るのもまた良し。甘い声で頼ってくる後輩女子はやはり可愛いのです。騙されてもいいきになります。むしろ、もう騙されてる。


 生徒会内外問わず上手くいかず、憂鬱になっているいろは。そこに頼れる先輩枠の八幡が現れ、ちょっとしたじゃれあいが癒しになっているようにもとれ、他のラノベならあっさり惚れちゃうまである状況にワクワクしております。


 ■雪ノ下雪乃は諦めている■

 覇気ないのんさん続行中の雪乃。
 半ば諦めているような雰囲気で、今のまま奉仕部の壊れてしまうならそれはそれで仕方ないと。
 そして、EDはソロのん。映像も若干変わり、雪乃が一人で思い悩んでいる印象を強く受けました。

 一番心の内が読めないキャラクターですよね。なにを、どうして欲しいのかが全くわかりません。
 結衣やいろはなんかは、感情が表に出るし、言葉にすることも多いのでどうして欲しいというのが分かりやすいです。
 けれど、7話の雪乃は、達観し、曖昧な笑顔を浮かべるだけで、どう思っているのかわかりません。想像はできますが、結局どれが合っているのやら。

 見ていてもどかしくなってしまいます。もう、喧嘩するぐらいぶつけ合っちゃうべきですよ! と、思う反面、遠慮して、お互いを気遣い合うと関係が膠着してしまうのもなんとなく分かります。


 早く前のように八幡を毒づく雪乃に戻ってほしいものです。クズ谷くんとか呼んで欲しい。 


 □9巻で終わりなのかしら?□

 残りの話数的にも、9巻まででアニメは区切りを付けそうだなと思った「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第7話。

 これは、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続々」みたいな完結編の3期決定みたいのが最終話で流れるのを期待するしかありません。
 「続々」って書くと、「ぞくぞくっ!」みたいでちょっと色々な方面の妄想が捗ります。どっち方面とは言わない。

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.