SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想
アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」3話感想

◇各話タイトル◇

第3話「静かに、雪ノ下雪乃は決意する」

◇各話あらすじ◇

修学旅行で八幡がとった行動にショックを隠せない雪乃と結衣。ぎこちない空気の奉仕部に新たな依頼が持ち込まれる。
友達の悪ノリで生徒会長選挙に立候補させられた一色いろはが、自分の印象は損なわず選挙にうまく落選したいという。
しかし八幡と雪乃はその対処をめぐって対立してしまう…。

一方、八幡は中学時代に告白し深いトラウマのもととなった相手、折本かおりに偶然出会い…!?

(アニメ公式サイトより)

◇感想◇

 あざといろはす降臨! アニメにすると余計あざとーすですね。

 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第3話感想!

 色々なキャラが登場し、様々な想いが交錯する俺ガイル続3話。
 OPから興奮させていただきましたが、やはり管理人としてはあざと後輩一色いろはの登場が嬉しかったのです! いろはすが動いていました! 水じゃないですよ! Twitterでペットボトルのいろはす画像が流れまくってましたけど、水ではないのですよ! 生モノです、JKです、あやねるですー!!

 ■原作のリアルなやり取りが、アニメになるとより一層強調されます■

 原作でも管理人のお腹を苦しめたお話ですが、アニメになるとより一層情報がリアルに伝わり、管理人の胃はボロボロです。

 兄妹喧嘩、雪乃や結衣とのすれ違い、ぶつかり合い。
 アニメで表現される反応が、あまりにも現実味を帯びており、一層ひき込まれてしまいました。原作では表現できない間や、表情、声音など様々な要素がリアリティをを生み出しています。

 正直、3話を観る前はこのお話が終わるまで居た堪れなくて観れないかもしれないと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。むしろ、より飲み込まれてしまうのですから、アニメの力の入れようが凄いです。劇場版予定だったのと言われても信じてしまいそう。

 胃に穴が開いても見続けようと決意致しました。


 ■お話に合わせたOPに映像がスバラです!■

 どこまで力入れてるのかしら俺ガイル続のアニメスタッフは! 本当にスバラですありがとうございます!

 全力でお礼を言いたいほど、OPの出来が良くて魅入ってしまいました。
 2話の放送後、ツイッターでOPに変化があるみたいなことが呟かれていましたが、ここまで変わるとは予想外です。

 今回のお話に合わせた映像に、管理人はOPだけで「ファ??ッ!?」って叫びましたよ! OPだけで満足するまであります。続き観ますけど。

 この流れでいくと、1つのお話が終了する度に、OP映像が変わることは明らかです。1話から最終回のOPを繋げれば、俺ガイル続の話の内容全て分かっちゃうんじゃないでしょうか。それぐらい、映像がスバラでした。


 ■いろはがこっちを向いて喋ってます! 夢じゃ、夢じゃないのですよー!!■

 いろは!いろは!いろは!いろはぁぁあああああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!いろはいろはいろはぁああああああ!!!
あぁクンカクンカ(ry

 いろはすが動いて喋ってました! 声が付いてました! 夢ではない、これは現実です!
 予想以上にあやねるの声であざとさが出てて、管理人歓喜!
 そうですかー、アニメいろはすはこういう風になるんですねー、と感慨深いものがありました。

 ちょっとした仕草や表情が可愛いんですけど、それが計算されたものだと思うと余計に可愛く見えるから不思議です。つまり、管理人は一色いろはが好き過ぎるただの変態。

 まだ八幡達との絡みは薄く、アニメではこれから更なる魅力が溢れてくることでしょう。
 ちなみに、3話で好きないろはのシーンは、八幡と雪乃が言い合いしている時のぎょっとした表情。居た堪れなそうないろはすがかわゆかったです!


 □ここまで来ると管理人、ただの信者じゃないかしら?□

 もうただの俺ガイル信者と化している管理人ですが、しょうがないですよねアニメ凄いしいろはす可愛いですからね。そんな3話。
 大満足で興奮して眠れないので、もう1回観てこようと思います。

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.